暮らしのヒント!

混合油とエンジンオイル ?

昭和39年  

東京 5リン オリンピックが開祭!

 

その頃自分はバイクの販売会社に「整備士」・? として入社し
ました、小僧どもの憧れの仕事・・・? だったか ナッ!

 

憧れていたのは自分一人だlったのでしょう、オリンピックがテレビで
放映された「白黒」の映像の時代でした。

 

混合油とエンジンオイル?

 

その頃は「映画」も色付を 天然色映画と呼んでいたし「カラ-」
と呼ぶようになlったのはもう少し後になってからだと記憶している!

 

日曜出勤などは回り順繰り「従業員」の員数で、いつかは当たっ
てくるのです。 「働き方改革」などあるはずがなかった。

 

1964年 東京陸上競技場で開会の前の各国選手団の行進を
白黒画像で日曜出勤に当たってしまった自分が修理工場で一
人で見ることになった。

 

ラッキ−だったか、日曜日なので来客もなかった「オリンピック」の
放映もあったからかもしれませんが・・?

 

エッ ・来客ダ! ?


自分は機械が好きで特に燃料を入れればいつまでも動く動力は
好きだった。

 

当時の動力は「モ−トル」電気で回る動力と, 自動車は貨物車
が多かった、自転車は、高級取りの自分の給料では高値の花で
した。

 

日曜出勤のその日は自分一人の出社なのです、分からなことを
聞ける整備士の社員もいないのです・・!

 

テレビジョンを独占して!

 

バイクのエンジンが かからないと言って、手押しでバイクを引っ張り
工場に入ってくるお様が来た・・?

 

エンジンが始動しない!自称、整備士・・の自分としては基本通り

  • 燃料の確認
  • スパ−クプラグとスパ−ク
  • ピストンの作動状況(動くか?)

簡単な確認ではすべて良好なのです・・・?
但しこのエンジン・?オイルが入っている(オイルタンク)がないしオイル
の入っている量を調べるゲ−ジがみあたらない・・・??

 

スパ−クプラグを新しく交換してキックを踏んでも・? ウンともスンとも
始動しないのです。

 

バイク オ−トバイ

 

その時は マダ セルモ−タ− などなかったのです。

 

但しキックを踏んだ時のピストンの音が今迄自分が経験したこと無い
音なのです・・・?

 

今日は日曜日で詳しい「整備士」も休日なの出勤していない・・・?
自称・整備士の日曜出勤の自分ではこのオ−トバイを直すことは出
来ません、明日全員社員が出勤しますそこで見てもらいますから・・?
と! お願いをして帰ってもらい・テレビでオリンピックを見ていた・・・?

 

始めて知りました!


ガソリン(揮発油)を爆発させて回転しているエンジンには 2種類ある

 

それは!

 

エンジンオイルをエンジンの中に入れて置くのと始めからエンジンオイルを
燃料「ガソリン」「揮発油」に混合させて爆発回転をさせるタイプの 2
種類あることを初めてしったのです。

 

4サイクルと2サイクル
自称・整備士が直す事が出来なかったのは、混合油の燃料で爆発し
エンジン がかかるタイプ 2サイクルのエンジンだったのです。

 

2サイクルのエンジンが始動出来ないのは、タダ キックを踏んでエンジン
を回していたためクランク室に燃えない燃料だたまりスパ−クプラグまで
混合油が上がってしまいプラグが濡れれスパ−ク出来ずエンジンが始
動出来なかったのです。

 

翌日に整備士も出社してきたので恥も外聞も捨てて前日のオ−トバイ
のエンジン始動が出来なかったこと伝えると ウン これか?と言ってクラ
ンク室の下にある ドレンボルトを外してクランク内の燃料をぬいたのです
そうすると 燃えないでクランクにたまった混合油がドットできたのです・?

 

これで KO だぞ クランクを踏んでみな・・・!と本当の整備士が言う
クランクを踏むと そのオ−トバイが爆音と立てて始動をはじめたのです

 

自称整備士は今まで 4サイクルのエンジンしか修理してこなかったので
2サイクルのエンジンは全く素人だった・・?

 

エンジンの潤滑油を初めから燃料に混ぜた「混合油」のエンジンのクラ
ンク室に潤滑油を入れて置くタイプのエンジン・・・・?

 

オ−トバイのエンジンに そんな違いがあった事を その時初めて知った
のです。 へェ- そうだったのかと・・?

 

その当時に 自分があこがれたオ−トバイ・・?
バイク オ−トバイ

 

自分が記憶している当時のオ−トバイは!

 

  • ト−ハツ 「東京発動機」 バ−ディ−・・?
  • スズキ   コレダ号・・?
  • ヤマハ  バイク名は忘れました
  • メグロ  良く 白バイに使われていた!
  • ホンダ  ドリ−ム・・?

 

その他にもあったのでしょうが忘れてしまいました。
ホンダ技研のス−パ−カブがオ−トバイの世界をかえるようになるまで
2サイクルのメ−カ−は頑張っていたと思います。

 

ヤマハ コレダ ト−ハツ ジャイアント 等のメ−カ−は2サイクルエンジン
のオ−トバイだったと記憶しています。

 

おわりに
4サイクルのエンジン「ス−パ−カブ」が出回るまでは2サイクルエンジンの
オ−トバイが主流だったはずです。

 

自称整備士もオ−トバイの部品販売会社に転勤させられて、部品の
販売先、自転車店に訪問すると「ホンダ」か・・?
オ−トバイは2サイクルがいいんだ ヨッ?  と軽くあしらわれていたもので
した。

 

それも「ホンダ」のス−パ−カブが出回るまでだった。