暮らしのヒント!

昔のエンジン ・?

筆者が初めて ブルド-ザ−を見た時は何だこれは鉄の塊はと思
ったものです・・?

 

当時の運搬作業は馬か牛だった、たまに見ることが出来る自動
車は改田作業で使う、今で言う4トントラックだったか・・?

 

今 記憶をたどれば・?建設省・・?が持っていたと思われるので
すが、本当に、たまに走ってくるのを見るのですが、当時の道路事
情は砂利道で自動車が来ると砂煙で遠くから走ってくるのが見え
たのです。

 

道の砂煙が立てば走って自動車を見にいったのです・・?

 

そんな時代のブルド−ザ−はマダ整地されていない荒れ野原に
何時うごくのか分からないのでしたが、筆者が見ていないだけで、
荒地の整地作業はしていたのです。

 

エンジン、オイル

 

 

筆者の少ない休日でも、たまに鉄の塊ブルド−ザ−が動く時が
あった、轟音を響かせ荒地(砂利野原)の整地をしていたのです

 

整地作業は砂利川原の石を平らにする、砂利を押して高低を
少なくする作業だった。

 

人馬一体の作業で 1l週間でも到底無理な作業をブルド−ザ
−で簡単に1日で完了させるような機械でした。

 

こんな、とんでもない鉄の塊のエンジンはどうして発動させるのかを
当時の腕白どもは見たかった、筆者も当然腕白小僧の1員でし
たから・あんなでっかいエンジンを誰が始動させるのか・・?

 

まさかのエンジン始動方法!

腕白どもの少ない休日のときでも鉄の塊が動くとこがあったし、運
良く発動機(エンジンを始動)を始動させる場面に出会う時があ
った。

 

その頃でもチラホラと耕運機が見えていた、その耕運機を掛けるの
に、エンジンについているフライホイルを手で回して一苦労して掛け
ていたのです。

 

耕運機のエンジンを冷やすのにはシリンダ−の上に水タンクがあり
そに水を入れて水冷のエンジンになっていた。

 

エンジン、オイル

 

もう一つのエンジン「空冷」の小さいエンジンの耕運機も出始めてき
ました、相当に高額だったでしょう?

 

今の車のセルモ−タ−です。

 

そんな時代の鉄の塊ブルド−ザ−のエンジンをかけるのには「エッ」
と思う方法だったのです。

 

いち農家ではそんなに簡単に買えないと思われる高額な空冷の単
気筒エンジンがブルド−ザ−のエンジンの脇についてあるのです・?

 

空冷の単気筒エンジンを細いロ−プをフライホイルにかけて回して
始動させて、そのエンジンのプリ−をブルド−ザ−のフライホイルのに
くっ付けて(セルモ−タ−)あのでっかいエンジンをかけていたのです。

 

エンジンでエンジンをかけて回していたのです、始動始めた鉄の塊
が回り始めた時の ドッ ドッ とうなる音は只々驚きだった。

 

回り始めたエンジンの音の大きさはとんでもないものでした。

 

牛が遠くで鳴くのも聞こえるほど静かな空にあのでっかいエンジンが
別のエンジンでかけてもらった時の轟音はすさまじかった。

 

相手の耳に両手で輪を作って話さないと聞こえない程の轟音だった
と記憶しています。

 

おわりに

今のエンジンは、押しボタンかキ−でなんの苦労もなしにエンジンが
回り出すのです、今時、エンジンがかからない回らいなどと言えばど
この話だと笑われてしまいます。

 

今振り返って考えてみると、大げさに言えば AU のテレビ宣伝のよ
うな処に鉄の塊がキャタピラを回して画面に出てくるようなものだった
ように思うのです。

 

当時は発動機のエンジンが回る、かかることは、万歳ものだった。